2013
01.10

大きく育つと言う事


耳栓をしても骨伝導で騒音が響く不便なお体。
遠い未来、アユルンへ引っ越すことができるとして、
いくら安くともワケ有り物件だけは買いたくない僕です。


二日連続で長時間の寝落ちをしてしまいました。
お陰様でSSがほとんどありません。(・◇・`
こんな時は過去のSSを再確認します。
ネタが大量に取れた日は、いくつかボツとして
使わずに残してある物があるからです。

そして信じられないSSが一枚出てきてしまいました。
noriが成長をしていたのです。
まずは普段の状態のnoriを比較用にご覧下さい。

この通り、いつも僕の後ろをヨチヨチ付いてくる
小さくて幼いハスキーグレムリンです。

noriは僕の大切なペットです。
ある日、129へのお客様から笑い話の冗談で
「noriを捕獲してやる」と言われた時に
僕はこう返しました。
「の、noriは本気を出すと
人を丸飲みできるサイズまで巨大化するんですよ!?」
勿論のこと冗談でそう言ったのです。
けれど・・・。

それは129の何の変哲も無い日常を写しただけの
ごく平凡なSSの中に一枚だけ混じっていました。


お分かりいただけたでしょうか?
画面の右側、有り得ないサイズのグレムリンが居ます。
別角度から撮影した前後のSSと比べても
この位置に居たのは間違いなくnoriです。

前線基地での戦闘を終えた方なら分かるでしょうが、
グレムリンは成長すると巨大で凶暴になります。
僕のnoriもいつか大人になった時、
しかるべき施設へと引き渡すしか無いでしょう。
(有明の海苔養殖場など)
僕の制御が利かなくなった時が別れの時です。
悲しいですが、いつか来るその日まで、
大切に育てて行く事を、硬く心に誓いました。
Comment:0  Trackback:0
back-to-top