2013
07.10

黄昏時の戦闘


相変わらず砂漠のディガーさんが苦手な僕です。
ディガーさんが一度地中に潜ったあと、
飛び出すタイミングで一掃する小技を教わってからは、
多少は楽に戦えるようになったものの
吹き飛んでいく姿すら気持ち悪くて困っています。(´◇`;

それと、ディガーさんを倒したあとに飛び出る
小さな敵さんの事を[ディガーの卵]と
呼ぶ方がいらっしゃいますけれども、
これは幼虫です。(・◇・
自我を持って這い回り、敵を認識して攻撃をする。
この時点で卵ではありません。(・◇・


まだまだ治まる気配の無い砂漠熱。
今夜はどんな遊び方をしようかウキウキしながら
焚き火でバフをつけていたら、
ブログ復活を宣言された《ラテアさん》から1:1が届きました。
どうやらソロ戦闘中に力尽きてしまわれ、
蘇生のアシストが出来る人を探していたのだそうです。
毎日疲労度を余らせている僕で宜しければ!!
ソロばかりで使う機会の無い羽根を握り締めて向かいました。

向かったのはよかったのですけれど・・・。
ラテアさん、ご自身で騎士の誓い[羽根を使わずにクリア]を
選択した事を忘れてらしたのでした。(´◇`;;
起こす事ができないので代理で討伐をし、
やっぱり使う機会の無かった羽根を握り締めて
129へ帰宅しました。(´◇`


はてさて、砂漠の方はと言いますと
毎度恒例の蜜壺さんとのペア戦闘でした。
あまり関係ありませんが、
ペアと変換するとPeaと出てきてしまって困ります。
淫らな警察官さんは署にお帰りください。

話を戻りまして、今回はボスさんをできるだけスルーの
地下攻略と武器用レア素材回収コースでした。
まず一箇所目の地下を終えて外に出てみると、

あれ?お外の風景はこんなに影が出ていましたでしょうか?
もう少し明るかった記憶があるのですけど。(・◇・`
バグなのか仕様なのか分かりません。
けれど、これはこれで雰囲気があり、
素敵な景色で癒されていました。(´◇`*

と言って撮影している間にも
移動が遅れて蜜壺さんに置いて行かれます。(-◇-;
移動速度の大して変わらないカイさんであるのに、
いつの間にか距離が開いているのです。
鳥足である僕は砂漠で高速移動なんてできません。
そもそも鳥の殆どは地面を走るのが苦手です。
鳥は鳥らしく、こうして追いつきます。(゚◇゚´

コケエエーー!! ヽ(゚◇゚*ノ三三三

    ガッシャン!!
\ 痛あああい!(;◇; /
Comment:2  Trackback:0
back-to-top