2013
09.26

新たな砂漠の戦闘

焚き火でアップデート情報を確認していた時に
これは夢ださんがガッ○ャマン風コスプレで129へ
遊びにきて下さったような記憶がありますが、
コレジャナイ感に残念な気持ちで
ギルハンに行かれた夢ださんを見送ったその記憶は
それは夢だと僕の脳で処理されました。(-◇-;


電気モードが痛すぎて辛い僕です。(´◇`;


はい、早速行ってきました70-80パンテウムさんです。

連続で斬った後、大鎌を肩に担ぐモーションがカッコよくて、
撮影に魂を燃やしていたら刈り取られていました。(・◇・)
とにかく攻撃の痛いテウムさん。
救いは攻撃のパターンが砂漠のボスさん達と同じ点です。
練習さえ繰り返せば軽傷で勝てるようになりそうです。(´◇`*
某イカさんや某お姫様と比べると、
見た目や設定に反してずっと良心的なボスさんでした。


テウムさんでホストをして下さった
くんじゅさんがラキオラさん行き船を立てて下さいました。
そっとお邪魔した先で野良枠に入ってこられた
水色の某超絶変態紳士さんに追いまわされ、
SSが一枚も無かったので割愛します。

日課も終わり、寝る前に気になっていた
新種のパンダさんを探して
あちこちをウロウロしていた時に
リフルさんから砂漠のお誘いを頂きました。

テウムさん対策に丁度良い練習です。(゚◇゚*
勿論お邪魔してきました。


見てください、この圧倒的な跳躍力。
この瞬間、短時間のフリーズが発生してしまい
僕は浮かんだまま空中で静止していました。
鶏もやればできる!(゚◇゚`
夢と希望に満ち溢れてきました。


驚異的な脚力から繰り出される膝蹴りです。
ミイラさんに避ける暇すら与えず打ち込みます。
完璧な動作です。(-◇-`*
テロンさんまで討伐し、満足して港へ戻ってから
僕は何の目的で砂漠へ行ったのかを
思い出しかけた記憶が眠気に押されて海の藻屑となりました。
Comment:3  Trackback:0
back-to-top