2013
11.24

登って降りて


吊るされている爆弾を気に入り、
自ら当たりに行くスタイルを確立した僕です。
僕が通った後に爆弾は一つたりとも残りません。


新しい地域を迷子になりつつも楽しんでおります。(´◇`*
地図を見ても迷う天性の方向音痴が炸裂しています。
空を飛べたのならどれだけ楽か・・・、
羨んだところで家畜の翼では
自由に飛びまわる事も叶わず、
頭上のグレムリンさん達を眺める鶏です。


どうみても木材と布的な何かですのに、
フワリフワリと舞い飛ぶグレムリンさん達。
悔しいので撃墜をします。(`◇´

下は水ですので落下ダメージは心配無用です。
僕もこのまま飛び降りたかったのですが、
クエストの同行者のキアンさん(人間)が
後を追ってきてしまうと大惨事になってしまいます。
滑空用の翼すら無い生き物は不便なのです。
悲しい種族の差です。(-◇-


滑空こそできても上昇はできない僕は、
一本道のクエスト戦闘ならばソロでも攻略可能です。
しかし、何度も昇り降りを繰り返す
フリーマップは案内人無しでは登れません。(´◇`;
道を把握しきれる方が必須です。
必須なのですが・・・、案内人が居る場合、
また別の問題が発生してしまいます。(・◇・`;


何も考えずに後を付いて行くだけで攻略が
済んでしまう弊害から強烈な眠気に襲われます。
過去2回行ったフリーマップは、
2回とも混濁した意識の中でのクリアでした。
眠気と言う最強のユニークボスに勝てないです。(´◇`;
Comment:0  Trackback:0
back-to-top