2013
12.18

眠りながら登った峰

コメントでも指摘された事ですが、
眠気による集中力低下で
誤字脱字が多かったそうです。(-◇-`;
眠気が酷い場合、これほど誤字率が上がる
サンプルになるSSが残ってました。

「ぷあs」は恐らく「お疲れさま」と
打ちたかったのでしょう。(-◇-`;
眠いと日本語が喋れなくなる僕です。

意識も途切れ途切れの中での峰登り、
F12の便利さが身に沁みます。(・◇・`
道の途中で動かなくなった僕を
運んで下さり、ありがとうございました。(´◇`;;

次回から、出発時に眠気が感じられた時点で
参加を辞退するように心がけます。(´◇`

ここまでで察しのつく
勘の鋭い方がいらっしゃるかもしれません。
はい、SSどころか道中の記憶すら
殆ど残っていない事態です。
その為に今回は僅かに残されていた、
貴重な記録を使ってのダイジェスト日記となります。

今回は黒いAさんのサブさんである
白帽子のカイさんのPTへお邪魔をしました。
そして普段はホスト囮で行っていた所を、
特別に囮役を僕に譲っていただけました。

モルバンに流れる噂で、
鶏の香りがついた人を優先的に飲むと言う
信憑性の薄い迷信があります。
僕も半信半疑でしたが、
ホストの白帽子カイさんが2連続で飲まれた様子に
噂が真実である可能性を見ました。

それから休憩を挟んで峰へ行きました。
メンバー全員がそろうSSが無かったため、
別々のSSから切り取って貼り付けました。

攻撃とサポートのバランスの取れたメンバー(+非常食)です。
火力はそこそこ、けれども和気藹々な雰囲気が
気軽に参加をできる身内PTで・・・した。
今回の戦闘で出航前に
イヴィさんの杖が強くなったと教えて頂けました。
80武器が、ストレートで過剰成功されていました。(゚◇゚;
+12か13くらいだったとうろ覚えです。(-◇-;;

火力が高すぎるため、魔法どころか
鈍器としても優秀であった姿が
わずかに記憶に残されていました。
心強いサポート兼メイン火力さんの後を追い、
サクサク進むために崖を飛び降り
ショートカットを試みて

転落死した場所が丁度エレベーターの上になり、
そのまま一人、上の階へ運ばれていったカイさん。
自力で動く事も、誰かに起こしてもらう事も叶わず、
静かに上昇する死体がシュールでした。
・・・僕の記憶はここまでです。
この後の出来事は夢か現実が区別がつかず、
日記はここまでとなります。
寝落ちてしまい、申し訳ありませんでした!。・゚・(ノ◇`)・゚・。
Comment:2  Trackback:0
back-to-top