2013
12.27

新しいキャラクターと鶏のリシタ

ハルクさんの実装から一週間が経過しました。

すでに70-80レイドに参加できる方の存在に
驚いていたら胃の中へ送られた僕です。
廃層の方々は一週間でレベルだけでなく、
火力まで整えられるのですか。(´◇`;
生きる世界の違いを感じました。
※食す方と食される方の違いではありません。※

その頃、我が家のハルクお爺さんは
リシタなら軽々と押して開ける扉が開かず、
仕掛けの存在を忘れて困っていました。

前回のSSよりもレベルが下がっているのは、
この後お爺さんはぎっくり腰の治療で休憩中となったからです。


日本でハルクさんが実装され、
装備やスキルで盛り上がっている頃、
中国で新しいキャラクターが発表されていました。
長槍使いの少女、リンさんです。(゚◇゚*
僕は長くてクルクル回せる武器が好きで、
本物の槍使いさんの実装を密かに期待していました。
日本も早くリンさんに来て頂きたいです。(´◇`*
もう待ちきれなくて僕も長槍を振り回していました。

リシタの双槍では武器でなく、
自分が回ってしまうので酔ってしまうのです。(;◇;
早く普通の槍を下さい。。・゚・(ノ◇`)・゚・。

それからリンさんの生い立ちストーリーに、
傭兵団に入る前のリシタらしき人物と接触した様子が
書かれているようでした。(゚◇゚;
ストーリーの詳細はネタバレになってしまうので
ここには載せませんけれども、
確かに英語で書かれた文中に、
北米でのリシタの名前が載っていました。
ちなみに丁度20歳のお兄さんとも書かれていました。
これが本当にリシタだったのならば、
想像していたよりも若いです。(´゚◇゚`;

どうりで守護者中に砂嵐から救出されたあと、
若鶏のようなジューシーな香りが漂っていたわけです。
あ、えと、香りだけで味は美味しくないです。
食べないでください。m(-◇-m

鶏のリシタは食べない方が良いです。
肉よりも羽毛の方が有効活用できます。

日本の昔話に、とある鳥が恩返しとして
羽毛を込めた布を織って返したと言うお話があります。
きっと鶏のリシタも、食べずに弱っている所を助けてあげると
恩返しとして何か織ってくるかもしれません。(-◇-`
絶対に食べないでください。
Comment:2  Trackback:0
back-to-top