2014
02.06

雪が降りまして


イセットさんに適当な防寒服を
身に着けて頂いたあと、
戦闘前に脱ぐ赤いローブの存在を思い出した僕です。
修正も大変でしたので、
諦めました。。・゚・(ノ◇`)・゚・。

深夜のレイドでは、
人数の集まり難さから
無制限の野良PTさんをよく見かけます。
普段ならば適度に遊びながら戦っていますが、
さすがに10分を超えても5ゲージ付近ですと、
僕も真面目に戦闘へ参加します。(・◇・´

ドヤァ(`◇´*
鶏でもやればできるのです。
20分以上の激闘を終え、
蘇生の為に毟った羽は数知れず。
中の人の疲労の色も濃く、
眠気覚ましに窓を開ければ
外は雪積もる白い景色。(@◇@;

初めてのレイド高順位と合わさって、
テンション急上昇、海苔のノリノリで僕は
ログインされていたフレンドさんのホームへ
突撃をしました。(゚◇゚*


若干後悔をしました。(゚◇゚
遅い時間でしたので眠気が来ていたのか、
紳士()さんは控えめでしたけれども。
れうさんの空腹ゲージが減っておられたらしく、
3時(AM)のオヤツを期待されました。。・゚・(ノ◇`)・゚・。

何か理由を考えて、
このピンチを脱出しなければなりません。
すると、画面右下からお知らせが上がりました。
黒いAさんがレイド行きの船に
乗船したと書いてあります。(゚◇゚*
チャンスです!
この船に乗って逃げましょう。

Aさんは衣替え?をされ、
真っ黒なハンターさんになっておられました。
それにしましても、
AM3時ともなると野良PTが全く立ちません。
フレンドさんの出航お知らせ機能様様です。
お陰様でこうして逃げ切る事が叶いました。
あのまま浜に残っていたら、
今頃れうさんのお夜食にされていた事でしょう。
僕は”食される者”の運命から
逃げ切ったのです!(;◇;


ジーザス。(´゚◇゚`;
Comment:3  Trackback:0
back-to-top