2014
03.03

追い回す側についた鶏


常に獲物として追われる側にいた僕です。
このままではいつの日か、
鍋や鉄板の上に乗せられてしまいます。
反撃です。
反撃に出るのです。(`◇´

手始めにフレンドのパンダさんを追いかけました。

パンダさんご自慢である、フサフサの尻尾を
揺らしアピールしています。
負けません!
僕のスベスベ尻尾も自慢するのです。(゚◇゚
毛で誤魔化す事のない、このボリューム!
身の量が違いますコケー!(o◇o

続いてはこちら。
ネガティブな発言をされている、
ピンクの髪色のお姉さんです。

世界とレアドロップ率に絶望し、
手首をカットしようとしているのです。
そんな事はさせません。(-◇-´
人間さんの手首よりも、
鶏の手首(手羽先)の方が
カットの需要があるのです。
まだ健在であるお姉さんの腕目掛け、
手羽先を投げ渡し、
勝ち誇った顔で砂漠を後にしました。


追われる側を卒業し、
追う側となった鶏は、
野良レイドPT募集で
見覚えのあるお名前を発見しました。
ブログランキングにて、
お絵描きブログを書いてらっしゃる。
最近は、イカさんに熱いハグを頂いた
黒尽くめのカイさんです。(o◇o

折角の機会です、
こっそりと記念撮影をする為に
後を追い回します。(>◇<
三っ゚◇゚)っコケッコー!


意図せず感電させてしまいました。(´◇`;
ごめんなさい!ごめんなさい!
こっそりと一枚だけ
SSをお土産に頂きました。

またお会いする機会があれば、
お詫びの品として
絶品唐揚げを持参します。m(-◇-;m
お肉を持って追い回します。(゚◇゚
・・・。(゚◇゚
あれ?僕が追い回す側に付いた目的とは・・・?
Comment:0  Trackback:0
back-to-top