2014
06.13

自慢のキック力

ログイン前に寝落ちをし、目覚めると
時計はAM2時を指していた
深夜活動組の僕です。

2時を回りますと野良PTもグッと減り、
レイドに行く事が困難になります。(・◇・;
30分待ちなどざらですので、
今夜は諦めて一般戦闘へ出ました。
行き先に選らんのはゴリアスさんです。
珍しいESが出るらしく、破壊称号も有り。
サクッと回れる簡単難易度の戦闘です。
気合十分! さあ、攻略開始です。(・◇・´


ゴリアスさんと言えば大きなカエルのボスさん。
カエルさんと言えばジャンプ力、
すなわちキック力です。
脚力自慢の鶏は、負けていられません。
次々と迫り来るカエルさん達を押し退け、
ボス部屋を目指して進撃します。


辿り着いたボス部屋では、
鳥類と両生類の
強烈なキックの応酬が飛び交い、
互いに一歩も譲らない激しい戦闘が続きました。

途中に投げ入れられた金のボールに目もくれず、
自身の足で蹴り合う正々堂々の対決です。
周囲の瓦礫をなぎ倒しながら
蹴り合ったライバル対決は、
鶏に軍配が上がりました。
登山で鍛えた足の勝利です。(`◇´

なお、キックに夢中になっていて
破壊称号が頭から消えていた事は、
鳥頭なので仕方がありません。(-◇-;
そこに蹴る対象があれば、
蹴らねばならない本能が優先なのです。

ゴリアスさんでは無視をしましたけれど、
金のボールが転がってきた際は、
遊び程度で蹴っております。
しかし、少々問題があるので、
ボール討伐は諦めております。


どうしてもボスさんの足元へ
ボールが転がっていってしまいます。
この状態でキックをしますと、
脚力の強さによって、
ボスさんの方が先に倒れてしまうのです。
キックが強すぎる事も、考え物の一つでありました。


Comment:0  Trackback:0
back-to-top