2014
07.03

トラップ登山

倉庫を圧迫する槍の在庫を減らす為、
投げる為の的を求めて戦闘に赴く僕です。

狭い道が続く峰登山は、
狙いが定めやすい恰好の戦闘です。(゚◇゚
今日も今日とて黒いカイさんの隙を探して
槍で狙い撃つのです!
意気込んで参加した夜の峰登山にて、
意外にも同業者さんを発見しました。

ヘクセンさん、まさかの裏切り行為です。
錬金術を使った狙撃とは予想外でした。


予想外のトラップは他人事ではありませんでした。
慣れている峰登山で安心しきっていた僕にも、
予想の斜め上なトラップが降りかかったのです。
いつものように上下移動式の
トロッコエレベーターに飛乗ると。

埋められました。(´゚◇゚`;)
何方ですか?上から土を盛った人は!!
足が完全に埋まってしまい、
出られません、登れないです。(;◇;


更にトラップは続きます。
峰の恒例行事、飛び降り祭りが開催され、
僕も鳥類代表として飛び降りたのです。
すると周りの人間さん達がにじり寄り。

バーベキューの時期にはまだ少し早いです。
まだ食べないでください。。・゚・(ノ◇`)・゚・。


トラップは宝箱回収時にまで続きました。
寄り道で柵の無い崖際からの
高所飛び降りが始まりました。(・◇・
下に落ちては空中で上に戻される仕様で
散々遊んだ後は、
帰りの長距離トロッコに乗り、
平地まで戻って行きます。
その様子を鶏は、
一人だけ岩の上に不時着してしまい。
戻れなくなったまま見つめていました。

遠く小さくなる皆様のお名前の文字に、
雄叫びを上げていたのでした。(´◇`;


最後のトラップは、峰の外から届いておりました。

紳士からの嫌がらせ郵便と1:1です。
なんて極悪な罠でしょう!ヽ(`◇´#)ノ

以上、トラップだらけの峰登山でした。
Comment:0  Trackback:0
back-to-top