2014
10.21

戦闘そのものが悪夢


もう二度と行くまいと決めたサキュバス女王様に、
再び謁見をさせら・・・してきた僕です。


くんじゅさんとNarikoさんからのお誘いで、
3人PTの女王様です。。・゚・(ノ◇`)・゚・。
くんじゅさんから1:1が来た時点で嫌な予感がし、
何も言われる前に「女王様は行きません」と
お断りを入れたのですけれど。

あのお2人の場合、
「行きます」と答えれば連れて行かれ、
「行きません」と答えれば連れて行かれるのです。
拒否は許されないのでした。(;◇;
仕方が無かったのです。
もしもニヴルヘイムへ行けば、
恐ろしい強さを持つ地獄唯一の女王様と
3人で戦わなければなりません。

しかし、お断りを入れてしまった場合。
地獄の女王さますら倒す双剣使いのお姉様2名を、
1人で倒さなければ帰れません。
無謀にも程が有ります。orz
Narikoさんにいたっては、
女王様くらいワンパンで沈めそうな野生の猛獣です。
拒否権など最初から無かったのです。。・゚・(ノ◇`)・゚・。




泣き言を言う暇も無く連れ込まれた地獄の戦闘で、
言うまでも無く即行で床に転がるライト層の僕。
と、事故死されたNarikoお姉さん。

悪夢からお戻りになられた
くんじゅさんの素のリアクションに、
申し訳なくなりながらも
ニヴルヘイムのお水を
美味しく飲む事しかできない僕でした。


くんじゅさんならばソロでも討伐できそうでしたが、
Narikoお姉様からの提案で、
鶏にニヴルヘイムの練習をさせる為にリトライしましょう!
地獄の第2幕が始まりました。(○◇○


悪夢中で意識が無いのを良い事に、
お姉様の煽って報復しておきました。
バレてない事を祈ります。


レーザーに幾度と無く焼かれ、
雫を点滴のごとく常に補給しながら
必死に戦った地獄の女王様。
色々ありましたが、
無事に討伐する事ができました。(;◇;

ええ、はい、察しはつく事でしょう。

ニヴルヘイムのお水は、とっても美味しかったです!
ですが、もう飲みたくないので行きません!
僕は雫だけで満腹になる少食な鶏なのです。
フォアグラもビックリなほど詰め込まれてます。
もうこれ以上は飲めませんですう!!(;◇;
Comment:2  Trackback:0
back-to-top