2014
12.25

たま子 怯える

スラッシングハイに頼り切っていた為、
スタミナ管理が恐ろしく下手な僕です。
アリシャさんが常時息切れオンラインです。

アリシャさんの回避移動は、
早くて便利でかっこいいです。

せーのっ!


はあーいっ!!

困ったときは、
とりあえずガードが回避をすると、
だいたい抜け出せる優秀さを持っております。
接近戦でありながら、
敵さんの攻撃を恐れずに攻めて行ける。
勇敢な女性剣士さんです。(・◇・´

まだ低レベルの駆け出しと言う若さもあり、
恐れを知らないアリシャさん。
気分転換と観光も兼ねて、
ぺるしゅギルドさんのホームを
訪問しました。

たまたま見つけたお姉さんが、
ギルドチャットで他のメンバーさんを
呼んで集めて下さりました。(・◇・

しばらく村の中で待っていたのですが、
お姉さん曰く、
街道の方で集まっているのだそうです。
誘導されるがままに、
村の入り口の門を越えますと。







この時依頼、アリシャさんはうわ言のように、
「アフロこわい・・・、アフロこわい・・・」と
壁際で繰り返し呻いておりました。
すっかり怯えきってしまいました。('◇'::
衝撃的過ぎる歓迎を受けた事で、
アフロ恐怖症を発症してしまったのです。


音も無く深々と雪が降り積もる街道で、
頭髪を爆発されたお姉様達が、
真顔で一糸乱れぬ踊りを披露する。
前衛的な歓迎ショーは、
未熟なアリシャさんにはまだ
刺激が強すぎたのでした。(´◇`;
Comment:0  Trackback:0
back-to-top