道中のオブジェクト全破壊系男子

ライト層な剣リシタのマビノギ英雄伝お絵描き日記です
2015/02:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 

氷の渓谷で遊ぶカンスト勢(総勢一名)

出荷用意、
手押し車発進Ready?


オブジェクトと物理エンジンさえあれば、
無限に遊べる僕です。

この所、70レイドと峰登山しかしておらず。
何か新しいネタは無い物かと、
称号集めも兼ねて渓谷へ遊びに来ました。(゚◇゚
ちなみに巨大ミミズさんをキック討伐が目標です。

序盤の戦闘は楽しいです。(´◇`*
様々な物が通路わきに散乱しております。
僕が特にお気に入りなのは、
駆け出し時に散々黒焦げにされたアレ、
無造作に設置された大爆弾です。

これも何か遊べない物かどうか考え、
とりあえず燃やしてみよう!と、
キャンプファイアを設置してみました。
ところが残念な事に、二つ目の木材を投入した直後。
運び入れ方が悪くて、
ぶつかってしまったのでしょうか?
SS撮影前に爆発四散してしまったのですアイエエエ?!
僕はただ・・・、
前代未聞の焼き爆弾を作ろうとしただけなのに・・・。
悲しい事故でした。。・゚・(ノ◇`)・゚・。

気を取り直しまして、
次はちょっと苦手なトラップオブジェクトです。
大きな丸太をロープで吊るし、
絶え間なくスイングさせて進路妨害するアレです。
僕はいまだに突破が下手なので、
カミカゼとなって体当たりで壊しています。
結構な確率でこうなります。

頑張って通路復帰しようと足をバタバタさせます。
運が良ければ戻る事もできます。(・◇・´
僕くらいのキック力に定評のある鶏ともなれば、
これくらいの事故は慣れたもので、


だいたい落ちて行きます。


悔しい気持ちは足に込めて、
ミミズさんを蹴り倒す力に使われました。
エネルギーの再利用は自然に優しいのです。
※ただしモンスターさんは”自然”に含まれません。


昔と比べれば短くなってしまった序盤エリア。
それでも遊ぶ場所は沢山残っていました。(´◇`
イベントなどの影響で深夜に船が無い!
けれども戦闘には出たい!
どうせならお得な事がある戦闘が良い!
そんな時はまた、序盤の戦闘を遊びながら
称号を埋めを楽しく頑張っていきます。
オブジェクト! オブジェクト! ('◇'*三*'◇') コケー!

ハンマーの怪

巷で噂のC1新レイドボスさん。
お名前を覚えられなかったので、
こちらの暫定あだ名で呼び、区別しております。


人(人?)の名前を覚える事が大の苦手な僕です。


資金稼ぎとレア現物狙いに、
黒いAさん達と峰に登りました。n(゚◇゚n
いつもの位置にキャンプを置き、
装備の修理をしておりました。
しかし、バグなのでしょうか・・・?
Aさんの頭にウサミミが生え戻ってきません。
おかしいです。
全てのカイさんの頭部にはお耳があるはずです。
仕方がありませんので、僕も協力して叩きます。

一心不乱にゴッツンゴッツン。
星型のピアスちらつくAさんの後頭部を
ハンマーで殴り続けたのですけれど、
最後までお耳は戻って来なかったのです。。・゚・(ノ◇`)・゚・。
今回のハンマーは不良品だったのでしょう。


ハンマーと言えば、今回の峰は夜登山でしたので、
主ボスさんがムスペルさんです。
お持ちのハンマーを放り投げる動作が特徴的な方です。
ムスペルさんも他のボスさん同様、
討伐をすると武器を地面に落としてしまうのですが、
その直後にラングロさんが出勤されてしまうと、
装飾品に取り込まれてしまいます。(・◇・´
勿論、ハンマーも例外ではないのですが・・・。


どうして頭部パーツに組み込んでしまったのですか?(・◇・`;
正直、ムスペルよりも強そうです。
キリンさんが好きなのですか?
それともゾウさんですか?
ラングロさんが振り向くたびに、
ブォンブォン風を切る音が聞こえそうな戦闘でした。



一攫千金狙いの峰以外では、
安定のハヴァンさんに通っております。
こちらは野良PTでも問題なく参加できますので、
メンバーに破壊が得意なカイさんが参加されていれば、
遠慮なく飛び込んでいきます。(・◇・´

運良く2人もカイさんがいらっしゃる船に乗れたのですが、
残念な事にウサミミは付いておりませんでした。('◇'
すぐ隣のイヴィさんならウサミミでしたのに、
何ゆえカイさんには生えていないのですか!!
この不満をリアルタイムでツイッターに上げようと
呟き準備をした時、1:1が届いたお知らせが見えました。

アリガトウゴザイマス!(゚◇゚;三;゚◇゚)
同じ船に乗っておられたカイさんからでした。
狩人の勘が、僕の邪な考えを察知したのですか?
完璧なタイミングでの1:1に、
僕の心臓が砕け散りかけました。_(:3」∠)_


こちらの方とはまた別の日のハヴァンさんで、
同様に読者様から声をかけて頂きました。
しかし、こちらの船では1:1ではなく。
PTチャットの方でして・・・。(;◇;

驚きとショックで、
リアルに変な声がノドから飛び出ました。
ひひひ広められているですって!?(@◇@;;
僕は特に宣伝した覚えは無いです。
いったい何故今になって浮上しているのですかー?!
ありがとうございます、ありがとうございます。
しかしプレッシャーと恥ずかしさで
チキンのハートが部分破壊寸前です。コケー!(○◇○

貴重な回復アイテム

有り余っていた疲労度を注ぎ込み、
ついに黄色称号へ進化を果たしました。

討伐必要数に達し、
用が済んだコボルド弓使いさん達を
片っ端からESムーヴしていった僕です。
人型モンスターさんを見ると、
掴まずにはいられないのです。 三っ゚◇゚)っ


また暇があれば他の称号も狙いますが、
とりあえずは中断をして金策に戻ります。
目標はペリドットさんを購入する事。
そして、ブレスレットのダイヤを
1ランクアップさせる事です。

貧乏ライト層の救世主、ハヴァンさんから
心臓さんを頂いて貯金をします。
鎖ベラさんのいらっしゃるPTならば、
サクサク引っ張って壊して下さります。
いくら巨体のハヴァンさんと言えど、
鎖を急所に打ち込まれては
ひとたまりもないのです。(-◇-`

部分破壊が済んだら、
急いで楽にして差し上げてますので
耐えてください・・・ハヴァンさん。


メイン収入源のハヴァンさん以外でも、
お小遣い程度の素材は各地で拾えます。
称号用に巡っていた各地の戦闘で、
様々なアイテムを拾い、
気持ち程度にお財布が膨らみました。(´◇`*
しかし、膨らんだのはお財布だけでは無かったのです。
要らない安価のアイテムも大量に拾いました。
これを片付ける点で、一つ面倒な問題が起こります。

消費アイテム系のドロップは、
拾った直後に自動でスロットへ登録されるのです。
しかも、解除をしないとインベントリからは
捨てる事ができないのです、。・゚・(ノ◇`)・゚・。
とても面倒くさいのです。
そこで僕は閃きました。(☆◇☆
普段は使わないけれど集めている消費アイテム。
これらを片っ端から登録してしまう事で、
不要な消費アイテムを入れさせないのです。
ナイスアイデアです。
早速埋めてきました!(>◇<*




いいえ、遠足に行くのではありません。
命をかけた戦争に行くための補助アイテム達です。
お薬だけが回復アイテムではないのですよ?
甘いものは体力回復に最適だと、
登山家さん達も言っております。
それに、お薬を持ち込み忘れてしまう日だってあります。



最悪の事態を土の下で後悔する前に、
備えあれば何とやらなのです。
こうして僕は、
常備薬バッグの他に追加で、
お菓子袋も持ち歩く事になりました。


戦闘中にモグモグと口を動かしていたら、
「あ、塩卵の奴ポーション切らしてるな」と
蘇生羽根片手に見守っていてください。
証でお返しします。((└(:3」┌)┘))

珍しくリシタしか写っていない日記


「言われなくても分かってますよ」と言う顔。

いまだにキャンプファイア称号が取れていない僕です。
ギルド無所属ですので、
レイドでは設置を控えてしまいます。(-◇-`
70-80素材の暴落が起きていますが、
ライト層から見れば十分高額なお値段です。
通える日はレイドに向かい、
貯金を蓄える為にレアを探すのです!

直に牙を捥ぎ取ろうと飛び込んだ塩卵氏の勇姿。


野良さんで行けるレイドのほかに、
お誘いいただけたら復活ロード様にも会いに行きます。
サキュ女王様に比べれば、気持ちが楽です。(´◇`;
最近でも、黒いAさん達にお誘い頂いて
ノーマルモードでお相手して頂きました。

お気づき頂けたでしょうか・・・。
こちらのSSのロード様、立ち位置がおかしいです。
通常は3つ首のワンコさん像の頭の上に乗りますが、
明らかに低い位置に立っておられるのです。
実はこの時、
戦闘開始前に槍を投げまして・・・。


像を破壊してあったのです。(○◇○;;
こちらの小ネタは、Aさん達から教わりました。
Aさん達も、野良の方が壊している所を見て
この仕様を知ったのだそうです。(゚◇゚
野良さんでは邪魔になってしまいますが、
身内で行った際に壊してみたら、
ドッキリなネタとしてウケるかもしれません。

こうして僕は現在も毎日のんびりと
火力も効率も適当に遊んでおります。
コツコツ貯金をしつつ、
称号を集めたりしてます。
残す未獲得称号は回数の多い物ばかりなので、
疲労度と相談が必要ですが・・・。(-◇-`;
単純な周回系ならば良いのですけれども、
○○で討伐系に不安が残ります。

ジェリーさんが上手く踏めず、
涙目になる未来が見えます。(;◇;

それはカオスなテーマパーク

ぺるしゅギルドの大天使様が白くなっておられました。

心優しき大天使様が天使過ぎて、
背中の白クロスガンが純白の翼に見えてきた僕です。

なお、通常のカイさんは絶対に許せないオッサンであり、
ウサミミカイさんは可愛らしい小動物です。
天使とは認めておりません。(・◇・´


さて今回の日記は、
復活のまぞっほフェスティバルが開催されていた、
ぺるしゅギルドさんのホームへ遊びに行った日の出来事です。
発見と同時に拉致を受け、
あちこちのレイドで鶏挽き肉を振舞って参りました。
久しぶりに回るレイドばかりで、
苦戦に苦戦を重ねる中。
お目当てのまぞっほさんのSSを狙いました。
そして運良く2人並んでの
戦闘不能状態が訪れたのです。(゚◇゚
すかさず捉えた一枚がこちら!

画面中央のブーツが、まぞっほさんの一部です。
ベストポジションとシャッターを押した瞬間、
転がり込むようにカメラの前を横切ったフィオナさん。
そうです。
まぞっほさんは124chのアイドルです。(自称)
ぺるしゅさんが誇る、絶世の美少女さんです。(自称)
飛び込み参加の僕が無許可で撮影するなど、
失礼に当たる行為なのでした。('◇';
「事務所を通してください」と言う、
ギルメンさんからの無言の圧りょ・・・メッセージなのです。


残念ながら撮影は断念をしました。。・゚・(ノ◇`)・゚・。
そもそも事務所ってどこですか?
と言うツッコミは置いときまして、
撮影OKな一般メンバーの方を探しました。
すると、お侍さんが頭から溶岩を被ったような
不思議な剣士さんを発見しました。

何がどうしてこのようなお姿になったのでしょう。
防御力を求めすぎた故に、
ラヴァサトさんへのメガシンカを夢見て
アンヌビンのマグマに浸かったのですか?


それにしましても、何故に上半身だけ?
ツッコミどころ満載のお侍さん。
しかし、ここはぺるしゅギルドさんのホームです。
常識と言う器の中で物事を計ってはいけません。
もっと柔軟な思考で高度なボケを繰り出し、
ツッコミによる相乗効果で
その場の空気すら凌駕する破壊力を宇宙(そら)の彼方へ
僕はいったい何を言っているのですか?(○◇○


ぺるしゅギルドさんと関わろう物ならば、
テンションとテンションのクロスカウンターが発生し、
何が正しい事なのか判断がつかなくなります。(o◇o;
床ペロギルドさんは例えるならば変態喫茶ですが、
ぺるしゅギルドさんは例えると混沌の遊園地です。
観覧車に案内されて頂点まで登ったら
横にスライドしてジェットコースターが始まり、
オバケ屋敷を突っ切って池でスプラッシュ。
だいたいそんな感じのギルドさんです。

タイタンさんがこんなお姿になるくらい、
先の出来事が予測不可能な場所なのです。(Φ◇Φ;

監視者付き

レイドボス討伐イベントの影響か、
深夜に出る船が激減して涙目の僕です。

そこで現在はレイドを一旦離れ、
称号集めに一般戦闘を回っております。(・◇・

アユルン産のフライパンは軽さと耐久に優れ、
殴り心地が最高です。
宿屋に持ち帰りたいほどです。(´◇`*

自宅警備員であったカイおじさんが島へ働きに出て、
宿内で物を振り回す機会も減ってしまいましたが、
もしも真面目に戦闘をしていないのならば
出張お仕置きも必要です。
僕の目の届かない場所に居るからといって、
堂々とサボりは許しませんよ?(`◇´




今回はお目付け役として
アーマーグレムリンのfry君を同行させてあります。
もしもサボっている姿が観察されたら、
即座に僕へ連絡するように教えてあります。

サボりの程度によっては、
陶器でどつきまわす準備もできております。
カイおじさんは、頑張っているのでしょうか。






コンバンハ、カイおじさんです。(◎M◎
今回、村から遠く離れた島に出張だったんで、
遠慮なくサボってたのですけど・・・。
お供に付けられた新しいグレムリン君。
何か装備がおかしいと思ったらですね?

インカム付きヘッドホンとGPS登載されてました。
おじさん・・・やっちゃったかもしれません。
村に帰るボタンが処刑ボタンに見えます。

絶賛布教中

ウサミミを付けて頂く為になら、
ためらい無く額を床に擦り付けられる僕です。

土下座の一つや二つで
ウサミミカイさんが増えるのならば、
これしきの事など安いものです。(・◇・´

以前からターゲットにロックオンをしていた、
こちらの峰在住カイさん。
ようやくウサミミ化が叶いました。。・゚・(ノ◇`)・゚・。

これはまた渋いお顔と衣装に紫のお耳、
今までに無い個性的なウサギさんです。
濃い緑のミリタリ色をかもし出すお姿が、
弱肉強食の世界で生き抜く小動物のようです。
天然のステルスカラーを採用しているのですね?
お洒落と実用性を兼ねそろえた、
ステキなウサギさんでした。(´◇`*

ちなみにこちらのウサギさんは、
なんと自腹でお耳を購入なさっておりました。(@◇@;
決して安い物ではない、高級ウサミミリボンさん。
10M以上もする品物を買って下さって
布教にご協力ありがとうございました!(>◇<
僕も布教の為にと、砂漠でハヴァンさんに槍を放り投げ、
砂に埋まった資金(心臓さん)を頑張って掘り起こします。

しかしできるならば・・・、
ウサミミに目覚めたカイさんが
自らお耳を生やしていくスタイルが流行る事を
密かに願っております。(-人-*


ウサミミ片手に東奔西走、
活動の成果もあって、
長いお耳のカイさんも増えてきております。

村の中が可愛いウサギさんで溢れる日を夢見て
必死に活動・・・しているのですが。(-◇-;
もとよりウサギさんは警戒心の高い野生動物さん。
沢山集まっていると安心して、
少し余所見をしようものならば。
あっと言う間に逃げて隠れてしまうのです。


ほんの少しだけ取引掲示板を見て、
振り返ればウサギさんの姿は無く。
変わりに全裸のオッサンが屯しているなど。
日常茶飯事で困っております。。・゚・(ノ◇`)・゚・。

アニマルセラピーへの道は遠いのでした。

押せば動くが重かった

アリシャさん達の飲み込まれ称号の為に
ラキオラさん通いを控えていた僕です。

そろそろ通い始めても良い頃だろうと、
野良PTさんに参加をしてきました。

今回はサボり・・・じゃなくて、
囮を担当してきました。(゚◇゚*
キャンプも必要ありませんですし、
ペットのfry君と遊んで開戦を待ちます。

近接での囮は持ち場を離れる事ができなく、
暇な時間の多いお仕事です。
ホストさんも囮を担当する時は
某人気ゲームを遊んでいるとおっしゃり、
僕も堂々とサボってすごせ・・・。

ひぃっ!読者様がいらっしゃりました。(@◇@;;
さぼりません。
隙を見つけて殴りも参加をします。
応援ありがとうございますです!(@◇@;三;@◇@)


世のアリシャさん達からだいぶ遅れて、
塩卵家のアリシャさんもついに!
60を達成してワンダーデビューを果たしました。
頭部は拾った眼鏡フードを愛用しておりますが、
ウサミミワンダーもしっかり所持してあります。

ワンダーと言ったら赤のイメージですけれど、
あえてあまり見かけない緑に染めました。
染色も完了したアリシャさん。
これでゆっくり休養に入れます。(´◇`

さて、宿へ帰って行ったアリシャさんに代わり。
再び戦場へ駆り出されたはカイおじさんです。
去年のうちにS1を終えましたので、
今年はS2デビューです。(・◇・´


NPCのミルさんに呼び止められました。
カイおじさんは、おじさんですので、
おじさんと呼ばれる事に違和感がありませんでした。
しかし、冷静に考えてみますと・・・。
このセリフは全てのカイさんに言われてきたのですね?
つまるところ、
カイさん=公式でおじさん設定なのですね?!
何だかよく分からない嬉さが込上げてきました。


公式でおじさんと認められたカイおじさん。
S2デビューに向けて、黒いAさん達と共に
Todayで訓練を繰り返しておりました。
ふと、何度も通った道に、
大きな岩が転がっていた事に気がつきました。
おもむろに押してみるカイおじさん。

Aさんご一行が活路を切開いて下さった道を、
のんびりズリズリ、のんびりズリズリ。
岩を押しながら追いかけるカイおじさん。
一生懸命岩を押しているカイおじさんに、
黒いAさんが気がついて
引き返してくる姿が見えました。
Aさんは動く岩の陰に隠れた
カイおじさんの目の前にまで来ると・・・。


一緒に押して下さいました。(・◇・
Aさん達とはこう言う方々なのです。

緩やかな坂道を越え、
木々によって狭まった隙間を抜け、
S字に曲がった小道を巧みな技術と
Aさんとの連携プレーで抜け。
岩を押しながら突き進みます。

あと少し、あと少しなのです。
角度と距離を微調整し、
最後の一押しで捧げました・・・祭壇に。(○◇○

ちなみに、特に何も起こりませんでした。

 | ホーム | 

プロフィール


saltyegg

Author:saltyegg
当ブログは、Ngetalが管理・運営している本館サイト内コンテンツの一つです。リンクを貼られる場合は必ず本館のトップページにお願いします。ブログ(コンテンツ)への直リンクを無断で貼る行為はお止め下さい。

本館:管理人のホームページ
  


最新記事



最新コメント



カテゴリ


マビノギ英雄伝 (1166)
英雄伝イラスト (85)
カイおじさんの日記 (10)


Koketter



過去ログ +


2017年 04月 【4件】
2017年 03月 【5件】
2017年 02月 【6件】
2017年 01月 【7件】
2016年 12月 【5件】
2016年 11月 【6件】
2016年 10月 【6件】
2016年 09月 【12件】
2016年 08月 【6件】
2016年 07月 【6件】
2016年 06月 【6件】
2016年 05月 【6件】
2016年 04月 【6件】
2016年 03月 【6件】
2016年 02月 【6件】
2016年 01月 【6件】
2015年 12月 【6件】
2015年 11月 【6件】
2015年 10月 【7件】
2015年 09月 【7件】
2015年 08月 【7件】
2015年 07月 【9件】
2015年 06月 【8件】
2015年 05月 【7件】
2015年 04月 【8件】
2015年 03月 【8件】
2015年 02月 【8件】
2015年 01月 【16件】
2014年 12月 【31件】
2014年 11月 【30件】
2014年 10月 【33件】
2014年 09月 【30件】
2014年 08月 【31件】
2014年 07月 【31件】
2014年 06月 【31件】
2014年 05月 【31件】
2014年 04月 【30件】
2014年 03月 【31件】
2014年 02月 【28件】
2014年 01月 【31件】
2013年 12月 【31件】
2013年 11月 【30件】
2013年 10月 【31件】
2013年 09月 【30件】
2013年 08月 【31件】
2013年 07月 【31件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【31件】
2013年 04月 【30件】
2013年 03月 【30件】
2013年 02月 【27件】
2013年 01月 【31件】
2012年 12月 【29件】
2012年 11月 【28件】
2012年 10月 【29件】
2012年 09月 【28件】
2012年 08月 【30件】
2012年 07月 【28件】
2012年 06月 【26件】
2012年 05月 【16件】
2012年 04月 【21件】
2012年 03月 【4件】


リンク


このブログをリンクに追加する


最新トラックバック



Copyrights (C) NEXON Corporation and NEXON Co., Ltd. All Rights Reserved.