2015
02.01

押せば動くが重かった

アリシャさん達の飲み込まれ称号の為に
ラキオラさん通いを控えていた僕です。

そろそろ通い始めても良い頃だろうと、
野良PTさんに参加をしてきました。

今回はサボり・・・じゃなくて、
囮を担当してきました。(゚◇゚*
キャンプも必要ありませんですし、
ペットのfry君と遊んで開戦を待ちます。

近接での囮は持ち場を離れる事ができなく、
暇な時間の多いお仕事です。
ホストさんも囮を担当する時は
某人気ゲームを遊んでいるとおっしゃり、
僕も堂々とサボってすごせ・・・。

ひぃっ!読者様がいらっしゃりました。(@◇@;;
さぼりません。
隙を見つけて殴りも参加をします。
応援ありがとうございますです!(@◇@;三;@◇@)


世のアリシャさん達からだいぶ遅れて、
塩卵家のアリシャさんもついに!
60を達成してワンダーデビューを果たしました。
頭部は拾った眼鏡フードを愛用しておりますが、
ウサミミワンダーもしっかり所持してあります。

ワンダーと言ったら赤のイメージですけれど、
あえてあまり見かけない緑に染めました。
染色も完了したアリシャさん。
これでゆっくり休養に入れます。(´◇`

さて、宿へ帰って行ったアリシャさんに代わり。
再び戦場へ駆り出されたはカイおじさんです。
去年のうちにS1を終えましたので、
今年はS2デビューです。(・◇・´


NPCのミルさんに呼び止められました。
カイおじさんは、おじさんですので、
おじさんと呼ばれる事に違和感がありませんでした。
しかし、冷静に考えてみますと・・・。
このセリフは全てのカイさんに言われてきたのですね?
つまるところ、
カイさん=公式でおじさん設定なのですね?!
何だかよく分からない嬉さが込上げてきました。


公式でおじさんと認められたカイおじさん。
S2デビューに向けて、黒いAさん達と共に
Todayで訓練を繰り返しておりました。
ふと、何度も通った道に、
大きな岩が転がっていた事に気がつきました。
おもむろに押してみるカイおじさん。

Aさんご一行が活路を切開いて下さった道を、
のんびりズリズリ、のんびりズリズリ。
岩を押しながら追いかけるカイおじさん。
一生懸命岩を押しているカイおじさんに、
黒いAさんが気がついて
引き返してくる姿が見えました。
Aさんは動く岩の陰に隠れた
カイおじさんの目の前にまで来ると・・・。


一緒に押して下さいました。(・◇・
Aさん達とはこう言う方々なのです。

緩やかな坂道を越え、
木々によって狭まった隙間を抜け、
S字に曲がった小道を巧みな技術と
Aさんとの連携プレーで抜け。
岩を押しながら突き進みます。

あと少し、あと少しなのです。
角度と距離を微調整し、
最後の一押しで捧げました・・・祭壇に。(○◇○

ちなみに、特に何も起こりませんでした。
Comment:0  Trackback:0
back-to-top