2015
08.28

勝って兜の緒を何とかかんとか


カエルさんを樹上に乗せようと奮闘する英雄の僕です。


ライト層の味方のデイリーミッションさん。
内容は簡単な物が多く、
力の弱い僕でも消化可能な物が多めです。
とても嬉しいアップデーですね。(´◇`*
そう考えていた時期が僕にもありました・・・。、

ライト層の味方のデイリーミッションさんは、
ボッチの味方ではありませんでした。
ギルドが何だと言うのです!!
ソロでも良いではないですか!!。・゚・(ノ◇`)・゚・。


気を取り直しまして、
定期業務のラキオラさんに会いに行きました。
偶然にも乗り込んだ船にて、
見覚えのある姿の方がいらっしゃいました。
顔見知りのダークレ愛用者さんです。(゚◇゚*

色違いで並ぶ鶏フェイスです。

ちなみにこの時の僕は、
紫ダークレさんのアドバイスによって
居眠り防止に囮役を引き受けました。

僕が意識を失えばPTメンバーさん全体に
多大なご迷惑がかかります。
決して寝落ちしてはならない
責任感のあるお仕事です。((@◇@;))
緊張感に包まれつつ、警戒を怠らないで走ります。


必死なマラソンを続け、
無事に意識を保ったまま終えたラキオラさん戦。
しかし、この後・・・。
悲しい事故が起きてしまいました。
突然の出来事でSSが撮影できておらず、
手描きでの再現でお送りします。
それは討伐を終えた直後、
僕が紫ダークレさんの元へ向った時です。

討伐を終えた事で戦闘中にあった
警戒心を解いてしまわれたのでしょうか?
気をつけなければなりません。
ラキオラさんの毒は、
討伐後もしばらくは残っているのです。
勝利のマラソン中は、足元に要注意なのです。(´◇`;l
Comment:2  Trackback:0
2015
08.24

毎日が燃えるゴミの日

ログインをすれば、視界に肌色。

今日も床ペロギルドさんは平和そのものでした。
躊躇い無く見せ付けるスタイルの素敵なおパンツに、
思わずシャッターを押してしまった僕です。


前回のアップデート以降、
無理の無い範囲でデイリーのお仕事を受けております。
1~2個ならば消化できる日が多いのですが、
3個全部は難しいところです・・・。(-◇-`

黄色いチケットさんが全然集まりません。
もともとソロでのんびり活動ですゆえ、
こればかりは内容の相性次第になってしまいます。

頑張って出航しましても、眠気に勝てず。
当初の目的を忘れて櫓に突っ込み、
倒壊させてしまう事故も起こりました。

ちなみにこの時の目的は部分破壊でしたが、
スケアドさんは櫓の下に埋まってしまいました。
悲しい事故でした。。・゚・(ノ◇`)・゚・。

僕にはデイリーよりも、
居眠りしつつ焼き上げを待つだけの
こちらの方が合っているようです。

焼却に夢中になりすぎて、
辺りがカラフルになっておりました。(・◇・


nori君が拾ってきて下さるゴm・・・じゃなくて
使う予定の無いアイテムさん達を、
まとめて燃やしてお得な物に変えて頂くのです。

ペットのグレムリン達と共に暮す僕にとって、
ある意味で焼却システムさんの方が、
デイリーのミッションなのでした。
Comment:0  Trackback:0
2015
08.20

可燃物ではありません

今日も『掴むキー』が火を噴く僕です。


効率と言う言葉が頭から抜け落ちている塩卵が、
とある野良レイドPTへ参加をした時です。
噂のあの装備を目撃しました。(゚◇゚*

黒キュロスさんの翼です!(>◇<
大きくてかっこいいです。
英雄の世界にも翼装備が浸透してきております。
この調子で鎧の上からでも着用できる、
真っ白な鶏の翼を・・・期待せざるを得ないです。


野望と夢を抱いてアップデート情報をチェックしておりましたら、
何やら新しいシステムが追加されてますね?(・◇・`
要らない物を焼くとお得になる不思議な術です。
僕も早速いらない物をいくつか焼いて頂いたのですが、
・・・これは一体何でしょうか。

エルグのようなキラキラ光る謎の物体が、
焚火の周りに転がっておりました。
これがお得な何か?なのでしょうか。
まだシステムを把握しきれておりません。
きっと集めると良い物だと信じて、
回収だけはしておきました。


まだまだ良く分からない、
焚火を使った新しいシステムさん。
しかし、今後は戦闘などで見つけた『いらない物』を、
お店に売るか焚火で燃やすかの二択を選べます。
選択が増える事は嬉しい事です。(-◇-
ただ一つ、これだけはお伝えさせて下さい。

塩卵は不燃物です。
絶対に火に近づけないでください。
絶対にやめてあげてください!!(;◇;


デイリー何とかと言う物も気になったのですが、
この日は眠気に耐えられず・・・。
また後日挑戦してみる次第です。

こうして新しいシステムも観察つつ、
いつも通りのスローライフを楽しんでいる
英雄の塩卵でした。
Comment:0  Trackback:0
2015
08.16

エアスリップ


Q、なぜ塩卵は普通に戦わないのですか?


A、丸太さんが「今だ、俺を使え!!」って言ってきたんです。

木材や瓦礫や現地補充サブウェポンなど、
持ち運べるオブジェクトを塩卵の近くに置かないで下さい。
ロクな事が起こりません。(゚◇゚

どうか未然に防いでください。
被害に遭ってからではでは遅いです。


ダメダメ飼い主事情は置いておきまして。
今日のnori君のコーナーです。
とある守護者PTへ飼い主の塩卵と同行したnori君。

しかし、同PTへ参加をしていたとある弓カイさん。

Eさんの放った一本の矢が、
nori君の方角へ飛んでいってしまったのです。((○◇○;))
あわや串刺しの危機?!
目前に迫る鋭い矢を視界に捉えたnori君は、

地に足が着いてからでは遅いと瞬時に察したのでしょう。
それは”あるはずの無い足場を踏むように”、
空中で素早く方向転換し、矢を回避したのです。


幻の秘技、エアスリップスルーです。
回避が本業の剣リシタである飼い主ですら習得できなかった、
幻の技術を会得していたのです。
nori君はあらゆる技術の頂点を目指しているのでしょうか?
飼い主として、教えられる物が何も無くなる日は近い。
そう考えずにはいられなかった塩卵でした。('◇';
Comment:0  Trackback:0
2015
08.12

飼い主は添えるだけ


野良PTで見かけたカイさんの弓が
ウサギさんに見えた僕です。
やはりカイさんは可愛いウサギさんだったのですね?


活動時間が深夜帯の塩卵は、
レイドの船が見つからない場合、
大人しく通常戦闘へ向います。(・◇・`
エルグさんや痕跡さん、
お粉さんが良いお小遣いになるのです。
そして何より、ソロでも余裕の難易度ですので。

オブジェクト遊びを開始するのです。
ベンチェナさんでのオブジェクト遊び以来、
挨拶の代わりに物でズドンが癖になってしまいました。
言葉の違う種族間でもできる物理的なコミュニケーション。
物理ケーションで対話を試みるのです。
しかし敵さん達は心が通じ合う前に
心臓さんが止まったようです。
かなしい・・・。・゚・(ノ◇`)・゚・。


不甲斐無い飼い主を差し置いて、
ペットのnori君は今日も元気一杯です。

課金の力で24時間無限復活のnori君。
死すら克服した彼に、
もはや恐れる物など何も無いのです。
差し詰め越えるべき敵は自分自身でしょうか。

ペットとしての限界に挑んだnori君は、
ついに魔法のシールドを習得したようです。

攻める力だけでなく、守る力も得たnori君。

もう戦闘は全てnori君に任せて、
飼い主は添えるだけで良いのではないでしょうか・・・。('◇';


Comment:0  Trackback:0
2015
08.08

オブジェクト遊び開始


方向や距離と言う概念に囚われずに採取を行う僕です。
仕掛けの謎解きにだいぶ慣れてきた登山道、
ベンチェナの麓さんです。

迷子になる率も気持ち程度は下がってきた塩卵が、
道中に目をつけた物がありました。

キャンプ用の木材(タル)さんです。(゚◇゚*
登山道の至る所に落ちているタルさん、
これを使って何か遊べないかと考えた塩卵は、
おもむろに担ぎ上げて運び出しました。


当然、こうなりますね?(・◇・

Q.何故に野生のカイさんにぶつけたのですか?
A.そこに野生のカイさんが居たからです。

条件反射で殴りかかってしまったのですが、
これにて意外な発見をしました。(○◇○;

野生のカイさんは、
タルをえぐり込むように叩き付けると、
呪いを解除して下さいます。

うっかりパララを忘れてしまった日、
槍を部分破壊に温存したい日など、
お近くのタルを叩きつけてみてください。
あっと言う間に呪いが解除されます!!(´◇`*

野生のカイさん達は比較的動きが鈍い方ですので、
ちょっとした隙にでもオブジェクトを
スマッシュで叩き込む事が可能です。
恐らくは部分破壊への判定もありますので、
是非ともベンチェナにお越しの際は、
手頃な木材を手にとって。

力一杯殴りつけてあげてくださいませ。(´◇`*
Comment:2  Trackback:0
2015
08.04

ベンチェナさんの試練

僕がいつもお世話になっている
黒い服を着たリシタのAさん。
アバターも黒い服を優先して買ってらしたのですが、
前回のアップデートで追加された衣装。
アトラクティブジーンズ?を気に入られたようで、
珍しく色の付いた服を着ている姿を目撃しました。
貴重なカラーAさんを撮影しておこうと、
先日再びPTのお誘いに付いて行きました。
すると・・・?


もう黒く染まっております。(・◇・
驚きの速度です。
恐らく、Aさんが服を黒に染めているのではありません。
Aさんが着た服が黒に染まっていくのです。
新しい説を唱えだした僕です。


それは置いておきまして、
ベンチェナさんの探検です。
相変わらず橋が落ちやすい地域でした。('◇'

登山道なせいなのか、
崖と高低差に苦しめられる地形が多いです。
必死で昇り降りを繰り返し、
ようやく辿り着いた水辺では。


イカダさんが待っております。(○◇○

移動中の地獄絵図は、
体験された英雄の皆様には説明不要の物でしょう・・・。
しかし、このイカダさん。
実は乗る前から苦難が突きつけられた物なのでした。

どう見ても歩いて渡れる距離ではないです。((;◇;))
水は濁っていて底が見えないのですけれども、
それなりの深さがありそうです。

道中の地形やイカダさんへの乗り込み。
ベンチェナさんは、英雄達に失われたジャンプ力を求める
試練の地なのでしょうか。(-◇-`


Comment:0  Trackback:0
back-to-top