2016
03.28

カイ編後


SSフォルダの中に所々、
なぜ撮影したのか分からないSSが紛れ込んでいる僕です。


ただでさえ優秀な職であったカイさん達に、
新しくスキルが追加されたカイ編・・・じゃなかった
改変アップデート!!
絶滅危惧種扱いを受けていた
弓とか銃とか使うおじさん達が、
生き生きと戦場に駆り出ております。(゚◇゚
あちこちでカイさん達の活性化が起きているのです。

ヘギーさん登場後、数が激減したカイさん達。
一時はどうなる事かと不安に暮しておりましたが、
再び増えてきて下さって一安心です。(-◇-`

リロードにハンドボムにアローストーム。
何かと物を戦場へ落として行くカイさん達。
また地面がポイ捨てで賑やかになりますね。
足元に要注意をしてヒューリーをしま・・・え?

カイさん、ついに空中にまでポイ捨てを開始しました。
どうしても捨てたいのですか?!
危ないのでちゃんとゴミ箱へ分別して捨てて下さい!

悪さが耐えないカイさん達を抑えるため、
僕はサブウェポンを鎖さんに持ち替えて
捕獲を試みたのですが。。。

激しい抵抗に遭い、逃してしまいました。_(:3」∠)_
カイさん達が増えてくださるのは嬉しいのですけれど、
捕獲と保護の面を強化する必要性も増えてしまいました。
僕はめげずにがんばります。
カイさん達、絶許です。(`◇´



その頃、しおたまご家の一応カイさんに分類される
メタボなカイおじさんは?

急に過激な運動を強要され、
筋肉痛で寝込んでおります。
何をしでかしてきたのかは、
また後日にまとめて貰います。
おじさん、凄くがんばってきました。
Comment:0  Trackback:0
2016
03.25

それは罠

ようやく全レジーナさん防具のベースを
オレンジ色に張替えができた僕です。
長く苦しい戦いでした。(´◇`;

お陰様で貯めに貯めた資金がスッカラカンです。
まだ伝承石さんの張替えは終わっておらず、
張替え資金の面からしましても、
お金稼ぎは当分続く見込みです。(・◇・`
頑張って稼いでお財布を潤わせるのです!

特にまだ美味しい地域へ出られないカイおじさんは、
「コイン1枚すら残さず回収して帰ってくる事!」
の使命を受けてがんばっています。


一方、ベンチェナさんへ通っていたリシタは、
予想外の出来事に遭遇しておりました。


どどど読者さまがホストさんで
声をかけていただけててて(@◇@;三;@◇@)
ありがとうございます!ありがとうございます!

宣伝すら放置をした引き篭もりマイナーブログですが、
まだまだ新規の読者様がいらっしゃったのです。
ちなみにお綺麗なベラお姉さんでした。

美しくかっこよく強いお姉様でした。
この日は改変前でしたので、
先日のアプデ以降は更にお強くなられた事でしょう。
どうやら活動時間帯が僕と近いらしく、
きっとまたどこかでお会いできる気配です。
お姉様の足を引っ張らないように、
僕ももっともっと強くならなくては・・・。(゚◇゚::


そして23日水曜日。
ベラお姉様と同時に改変の入ったカイさん。
ちょうど良いタイミングで銃カイさんを捕獲に成功しました。
いつもお世話になっている黒い銃カイさんです。
新しいスキルの試し打ちや仕様検証を兼ねて、
ペアでジグリントさんに会いに行ってきたのです。

途中、カイさんが飛行中のジグリントは
アトミックで落とせないか?と実験を開始し。

素敵に刺さっておりました。
こんな時にもかっこつけるカイさん。
僕はとりあえず撮影すべきと判断し、
オシャレ墜落を激写です。(・◇・´

直後にこうなりましたが、
F3とF4を連打する事に忙しく、
SSが残っておりませんでした!。・゚・(ノ◇`)・゚・。

違うのです。不注意ではありません。
これはカイさんの卑劣な罠だったのです。
カイさんがいれば寄って来る習性を利用し、
僕を罠にはめたのです。(`◇´#
カイさんなんて、ぜったいにゆるさないのです!
Comment:0  Trackback:0
2016
03.19

登山家ニワトリ

アバターのデザインが露出方面に走る中、
極力、肌を見せない美学を推している僕です。


次回アップデートのカイ偏に向け、
塩卵家でもカイおじさんが起床を始めています。
新しいスキル用にAPが必要なのです。(-◇-´
冬の間、お布団に篭りきりで鈍りきった体を叩き起こす為、
たっぷりと付いた体脂肪を落とす為。
カイおじさんを戦闘に送り出しました。
頑張ってください、おじさん!
体を動かしてダイエットと筋トレですよ!


信じて送り出したカイおじさんは、
早速横着をしてサボり出していました。
ダメですよカイおじさん!
体を動かさなければ意味が無いのですよ?

鳥類でありながら、
登山で足腰を鍛える鶏を見習って下さい。
身内PTメンバーさんと協力し、
エルグの壷をわざわざ坂道まで転がして運び、
物理エンジンにも負けず押し続けているのです。


こうした地道が訓練が結果へ繋がるのです。
鍛え続けたリシタは、
野良PTでも良い成績を残しました。

そろそろ登山の中級者さんの仲間入りです。
頑張っているのです。(`◇´
迷子にも負けず、転落にも負けず。
プロ登山家を目指し、斜面を駆け抜けるリシタでした。

・・・ただし、

人工的?な仕掛けのエレベータースイッチだけは
いまだに仕組みが分からず。
適当に叩いては押し戻されを繰り返している、
頭の弱い鶏でした。。

叩く順番でもあるのでしょうか?(-◇-`;
Comment:2  Trackback:0
2016
03.15

焚いて蒸して

               \そぉいっ!/

遠距離武器に対し、
極端な反応を見せる僕です。
弓とか使う人は、ぜったいにゆるさない。(゚◇゚`


お話は変わりまして、
塩卵の中でブームになっているベンチェナさん登山。
いつもはコレン発の馬車で向うのですが、
珍しくロチェスト発の馬車に乗る機会がありました。
PT待機場所は風景だけでなく、
置いてあるオブジェクトすら違うのですね!(@◇@*
大樽さんが沢山ありました。


いつもと違う光景を楽しみつつ、
ロチェスト発便でメンバーの方の準備が整うまで、
焚火付近でぬくぬく待機をしていました。(´◇`
しかし、ホストであるフレンドの黒い服のA氏。
珍しい大樽の大群に何かをかき立てられたのか。

塩卵を蒸し鶏に変え始めました。
次々と置かれていく大樽群・・・。
重くて運搬は大変でしょうに、
手当たり次第押して運んでこられました。

最終的にはこの有様です。

そこまでして蒸し塩卵を食したかったのですか?!
僕は美味しくない鶏ですので、
食べてはいけませんよ!!('◇';;


焚き上げると言えば、
最近頻発しているNPCさんの会話遅延現象にて。

焼却さん、有料に変更されたそうです。
フローヴィアンさんの笑顔アイコンが怖いです。(;◇;´
Comment:0  Trackback:0
2016
03.09

必須栄養素カイ分補給

英雄として生きていく上で欠かすことが出来ない栄養素、
カイ分の深刻な不足に苦しんでいた僕です。

何とかしてカイ分の無い状態で生きていけないか、
1週間ほどカイ禁をしていたのですが・・・。('◇'


宿屋から出た瞬間に視界に入ったカイ分に
溜まらず補給を始めてしまいました。_(:3」∠)_
もうカイさんモグムシャアア!!無しではダメな英雄、塩卵です。

一度補給を始めてしまったが最後、
目に付くカイさんを片っ端から辻齧りです。

村中のカイさんに噛み付きます。
1週間分のカイ分補給が止まりません。

果ては野生のカイさんの生息地、
ベンチェナさんにまで補給へ走り出しました。

しかし、調子に乗りすぎてしまいました。
うっかり梯子を掴み損ね、
崖下まで転落をしてしまったのです。(´◇`;
不幸中の幸いで足場の上に着地できたものの、
ダメージは小さくありませんでした。

念の為、梯子を上る前に回復をしておきます。
いくらカイ分が補充されているとは言え、
物理的なダメージの回復はできません。
お薬の立ち飲みが美味しいです。

安心できる体力までお安めの方のお薬で
回復を行っていたのですが、
ふと梯子を見上げると?


カイさんの太ももが眺め放題でした。(゚◇゚
梯子下でお薬飲み。
それは体力だけではなく、
タイミングさえ合えば、カイ分の補充もできる。
素晴らしい回復ポイントなのでした。
カイ分不足にお悩みの英雄さん達は、
是非ともお試しあれです。(´◇`
Comment:0  Trackback:0
2016
03.04

お花見ドボン危機


少し前までは寒々とした冬景色でしたが、


唐突に春が訪れました。(゚◇゚;
急激な気温変化にアバターの準備が間に合わず、
鶏姿で観光を始めた僕です。

今年の春は気合が入っていました。
コレンだけでなく、モルバンやロチェストにまで
春の陽気が広がっていたのです。

明るいロチェストです。(@◇@;三;@◇@)
見慣れない景色に落ち着きが無い鶏でした。

どこもかしこも見渡す限りの桜吹雪。
あちこちに木が生えていた事は覚えていますが、
全て桜の木だったのでしょうか?
目に優しい薄ピンクに街が染まっていました。
しかし・・・、僕の記憶が間違っていなければ、

木が増えていませんでしょうか?(・◇・`
以前からここにも生えていたかどうか、
三歩あるけば全てを忘れる鶏頭の塩卵です。
はっきり覚えているワケがありませんでした。

近付いてみたり、離れてみたり。
首を傾げながら歩き回った春のロチェスト船着き場。
記憶の糸を手繰りながらのお散歩で、
またうっかり湯船に落ちかけた僕でした。

AM3時台と言う無人の時間帯のお陰で、
目撃者が0人に済んだ事が不幸中の幸いでした。
Comment:0  Trackback:0
back-to-top