2016
05.29

ギルドの黒い人

私信、ギルメンの皆様へ。
ギルド倉庫にルミナリお塩を詰め込んでいる犯人は僕です。

ベンチェナさんを登っていると自然に溜まって行くのでした。


鶏リシタの所属しているギルドは身内ギルドなのですが、
中の人の都合などから
ログインの時間と間隔にかなりのバラつきがあり。
ギルハンツアー等は滅多に無いのです。(・◇・
基本はソロかペアの狩りでした。

塩卵は遊ぶ時間帯が被る事が多い黒い衣装の人、
Aさんと戦闘に行く機会が最も多いです。
お誘いをしあう事も多く、Aさんは鳥語での挨拶も可能です。

※意思の疎通は出来ています。※

塩卵はゲームパッドプレイなので
戦闘中は喋る事が難しいですけれど、
何度も戦闘をご一緒しているAさんとは
スキルのタイミングを合わせあったり
助け合いも出来るようになりました。(・◇・´

※助けて頂いてます。※

野良PTでのカイさん不足に苦しみ、
深刻なカイ分失調に苦しんでいた塩卵を察したのか、
AさんはサブのカイさんでTODAYにお誘い下さる事も!

※とても美味しい筋肉です。ご馳走様でした。※

Aさんのお陰で貴重なカイ分を沢山補充ができました。
これでしばらくは安静に過ごせそうです。(´◇`*
ちなみにAさん曰く、上半身裸は恥ずかしいので
村では脱ぎたくないそうです。
そう言われてみましたら・・・。(・◇・`
脱ぐカイさんで有名な床ペロカイ勢さんも
下はおパンツ一枚になろうとも、
上だけ脱ぐ事は珍しいのでした。

カイさん基準での恥ずかしさは、
上半身>下半身なのかも知れません。
僕はまたカイさんについて
新しい発見をしてしまったのかもです。(゚◇゚
Comment:0  Trackback:0
2016
05.24

予想外の足場

鶏の姿を取り戻し、各地の戦闘にて
コケー!!コケー!!荒ぶっている僕です。


ベンチェナさん野良PTへも
鳥の姿で参戦しました。(・◇・´
野生のカイさん達の体に生えた草や茸を
ツンツン啄ばんでやるのであります。
崖っぷちまで追い込んででもモグモグですよ!
さあ出てきて下さい野生のカイさん達。(☆◇☆

ところが、ボスさん出現のエフェクトは出たものの、
肝心のお姿が見当たりません。
呪いは発動しておりますし、声も聞こえます。
何処へ消えたのでしょう・・・。
カメラをぐるんぐるん回して探しましたら、
こんな所に隠れていました。(゚◇゚;

分かり辛いかもしれませんが、・・・樹上です。
戦闘エリアを覆うように伸びた枝の上に、
バークダスさんは隠れていたのです。

届かないではないですか!。・゚・(ノ◇`)・゚・。
卑怯ですよ!鶏は飛べないのですよ!
そもそも枝にまで足場判定があったのですか?
予想外過ぎて途方に暮れてしまいました。

この後、PTメンバーさんが何とか撃墜に成功し、
無事に戦闘に持ち込む事ができました。
一時はどうなる事かと思いました。('◇';
あのまま降ろす事ができなければ、
もう森ごとキャンプファイアで焼き払う賭けに出る所でした。
達人となった今の僕ならば可能なはずです。

また一つ称号を確保したのです。
赤い称号までの道のりは
まだまだ先が長いですけれども、
決して無理な目標ではないのです。

いつの日か称号が鶏冠色に染まるまで、
野良PTでカイさん達を盗撮・・・ではなくて記念撮影をし。

必須栄養素のカイ分を補充しつつ、
今日も塩卵は英雄として生きていくのです。
Comment:0  Trackback:0
2016
05.18

少し強くなっ卵

キャンプファイア称号のカウントタイミングについて
あちこちから総ツッコミを受けた僕です。
・・・。(・◇・

ファイアしないキャンプなんてただの
木材盛り合わせ ~小石を添えて~ です!
火を点ける事に意味があるのです!

今宵のキャンプは煙が目に凍みますね。・゚・(ノ◇`)・゚・。

称号埋めも大事ですけれど、
それ以上に装備の整えも大切です。(・◇・
眠気と戦いながらベンチェナさんを周回し、
時には皆仲良く( ˘ω˘ ) スヤァ…し。

コツコツ貯めた貯金を惜しまず投入しまして、
いくつかの伝承石さんを
オレンジの物に張り替えました。

お陰様で無事に火力が21k到達です。(´◇`*
レアアバターやバフは未使用です。

ようやく鶏の姿に戻れた塩卵ですが、
入れ替える必要のある伝承石さんは
まだまだ沢山ありますし、
ESさんも貼らなければなりません。

あれも必要・・・、これも必要・・・。(゚◇゚;
取引掲示板の前に陣取り、
電卓を叩いてはお財布と睨めっこをし、
言葉を失う雄鶏ですコケッコッコ。('◇'

先は長いですけれども、
諦めずに地道に強化をして行くのです。
目指せ全身オレンジ色の名前装備です!(`◇´
Comment:0  Trackback:0
2016
05.14

鶏はS1に出没


ふもとのルミナリさんポイントで子蜘蛛さんを追いかけ、
入水行列を作るこの子達を救うべく、
木を前に双剣を振るう僕です。


素材を求めてベンチェナさんへ通う一方、
未回収の称号を埋める為にS1戦闘にも出ています。
火力の都合でベンチェナさんではレアアバターが必須、
鶏姿に戻るにはS1~S2でないとダメなのでした。

せっせとキャンプファイアを設置です。(・◇・´
残り数十個で称号と言うところで、
ギルメンさんから衝撃の事実を聞かされました。

「キャンプファイア称号は設置だけでOKです」

・・・??!?!?!?(´゚◇゚`;;
も、木材を運び込む必要は無かったのですか?
確かめてみた結果、
確かに設置だけで回数が増えていました。
効率が倍増される美味しい真実でした。

作業が捗りとても助かったのですけれども、
火の代わりに悲しみが焚き上がる塩卵でした。

キャンプの他には物で殴り称号も頑張っております。
今はデリアさん達用の素材集めも兼ねて
イエティさんをぼっこぼこオンラインです。(`◇´

S1時代は物で殴るだけでも敵さんを倒せ、
戦闘に自由度が高くて楽しいです。
S2以降は高火力の武器でないと
まともなダメージを与えられず若干残念でした。('◇'

できるならば昔のように、
落ちている鉄板一つで無双ができるような
楽しい一般戦闘を作って頂きたい塩卵です。

開発さん、あの爽快感をもう一度下さい。(´¬`*)
Comment:0  Trackback:0
2016
05.09

妖術とベンチェナさん

野生のカイさんをお持ち帰りするべく、
あの手この手を使って落としにかかっている僕です。

言葉巧みにお誘いしてみましたが、言語が違うのか通じず。
物理的に落としにかかった結果。

うんともすんとも言わなくなってしまいました。(・◇・`
野生のカイさんを手懐けるのは困難を極めます。

とある別の日、物理型ではなく魔法型。
えるこれ家の桃さんとベンチェナさんへ
野生のカイさん狩りに出かけました。
力の弱い魔法職のヘギーさんは
いかにして野生のカイさんを狩るのでしょう。
何か参考になれば・・・と眺めていた僕の目に映ったのは

一瞬にして野生のカイさんが大増幅する
驚異の妖術でした。(´゚◇゚`
確かにヘギーさんは手元に1本しかないダガーを
幻術を使って無数に増やす事ができます。
その技術を応用したのですね?
獲物は多いに越した事はありません。(-◇-´
狩りには大変有効な手法ではありますけれど、
脳味噌筋肉な近接職のリシタには真似ができません。
何とも羨ましい術でした。


リシタは術を使うことができません。(・◇・`
しかし、術の真似事気分を味わう事は出来るのです。
まずは只今暴落真っ只中の狐さん尻尾を購入します。

子狐さんの方でしたら比較的安価で手に入るのです。

もふもふの尻尾を装着しましたら、
照明がやや暗めの地域へ向います。
この時、火が付いてしまうデバフがある戦闘を選びます。
あとは簡単です!
体に火が付いた状態で動きながらSSを撮影しますと、
まるで狐火のような火の玉が沢山写るのです。

妖術ごっこが楽しめるのでした。(´◇`
高レベルの英雄さん達でしたら
体に火が付いたくらいでは倒れません。
遠慮なく燃えながらSSを撮影できるのです。


そんな遊びもしつつ、
野生のカイさん達を追いまわしながら金策をし、
先日ついにギルド倉庫が解禁になりまりました!
(稼いだお金はそっと倉庫銀行に詰めておきました)

早速、必要性についてギルド会議を開くべきか
疑問が浮かぶアイテム達が詰められています。('◇';

と、とにかく無事に倉庫が開設できて良かったです。
金策用アイテムを必死で拾い続けて下さった
新入りグレムリンちゃんも無事にカンストです。

これでカンストグレムリンちゃん10匹目です!
ただいま11匹目の子を育成中ですが、
まだまだ増やす気満々ですので、
今後もベンチェナさんに通い続けるのです。
目指せ1ページまるまる
カンストグレムリンちゃん戦隊です。(・◇・´
Comment:0  Trackback:0
2016
05.04

初夏のカイさんセレクション

デリアさんの実装で低~中レベル帯が賑わう中、
ベンチェナさんに張り付いてカイさんを探す僕です。

SSフォルダの中に溜まり続けるカイさんコレクション・・・。
そろそろ放出の頃合と判断し、
今回は塩卵採点も入れつつの発表です。(゚◇゚
一枚目はこちらの野球帽を被ったカイさんのSSです。

およそ1/4世紀前に過ぎ去ったであろう子供時代の
少年の心を忘れずに持っていそうなカイさんです。
渋さが売りのカイさんで
若さを醸し出せるファッションセンスが高得点でした。

続いて野良さんで偶然取られた一枚。

同じ髪型で金髪のカイさんと銀髪のカイさんが並ぶ光景。
数ある髪型の中で偶然の一致をし、なおかつ対の配色。
そして髪が見える状態と言う奇跡的なSSです。(゚◇゚*
ダブルの効果でポイントも2倍ですね!!


3枚目はインパクトのあまりに撮影をしてしまったSSです。

右手のクロスガンを見るまでは、
ハルクさんかカロックさんだと思い込んでいました。('◇';
ガタイの良いカイさんは多数見てきたのですけれども、
ここまでガッチリなお方は大変貴重です。
広い背中から伝わる安心感に高いポイントが入りました。


最後は・・・浅黒の肌、癖のある金髪と碧眼。
異国の香りを漂わせながらお召しの衣装は和服と言う、
こちらのカイさんでした。

1枚のSSでは伝えられないのですが。(-◇-`
こちらの外国人観光客風カイさん、
とても明るくフレンドリーなお方だったのです。
お友達と思われる槍リシタさんに対し、
「カイも高速回転移動ができるぞ!」と、
キャンセル回避で驚きの速度の前転をし、
馬車待機エリアの中を高速移動されておりました。

その姿があまりに微笑ましいものでしたので、
つい撮影をしてしまったのです。(-◇-`;
SSとしては極普通の一枚なのですが、
思い出補正で非常に高い得点が入りました。


今期も大変素晴らしいカイさんSSが沢山でした。(´◇`
また次回も開催できるよう、
今後も野良PTさんに潜り込んでは
カイさん達の最新のお姿を集めて行くのです。
・・・そんな塩卵自身の現在の様子は、
著しい値下がりをしていた尻尾装備を購入し。

二又のニワトリとなっておりました。_(:3」∠)_
モフモフは楽しいのですけれども、
見た目がシュール過ぎて普段は収納されております。
Comment:0  Trackback:0
back-to-top