2013
10.08

安心と信頼の変態紳士

両生類であるゴリアスさんに
熱い称号が付いている姿を見ると、
健康上に問題は無いのか心配になる僕です。
ちなみにカエルさんは鶏肉に近い味だそうです。


ログインをしてすぐに飲み物と軽食を探しに
退席してしまった丁度その頃、
くんじゅさん御一行がシールキーパーに出航済みでした。(´◇`;
途中入場で遊びに行くのも申し訳なく、
他の方がジグリントさん行きの船を立てるまで
荷物整理や騎士団に通っていました。(-◇-


時間も遅くなり、PTが立つ頻度も下がってしまい
もう今夜は諦めて他を探そうかと考え始めていた頃です。
某超絶変態紳士さんがカダン様に向かったと
右下からお知らせが飛び出ました。(゚◇゚*
これは次にドラゴンさん戦が続く予感!
確信を持って1:1を飛ばし、
紳士便、お空の旅チケットを大人一枚確保です。

本日も快適な空の旅を楽しんでおります。
実に絶景です。(´◇`*


先日の記事で次回はジグリントさんに
粘着ボールを投げる!と書きました。
しかし、この日のジェノスさんはカイさんでした。
カイさんならば仕方がありません。
槍を持ち込み投げる他に選択肢は無いのです。(・◇・

僕は槍で腸を背中からお腹に貫くつもりでしたが、
変態のジェノスさんはお尻を希望されていました。
しかも贅沢に細槍では嫌だと不満を漏らしています。
僕が知っている限り、最も大きい槍?は
ラキオラさんの所のバリスタです。

けれども僕はあのバリスタの合図が苦手です。(・◇・`;
期待に応える事が難しいのです。(-◇-`
もしもこのブログを見て下さっている方の中に
ジェノスさんホストのラキオラさん船へ
乗れた方がいらっしゃったのならば、
是非ともお尻を狙って合図してあげて下さい。
きっと大喜びしてくださいます。(適当)

熟れ過ぎたパプリカの様な頭となった紳士()さん。
セクハラに情熱を燃やす姿が
実体となって現れたのでしょうか。
どこから見ても不審者であり、
変質者でもあるオジサンが放置されている、
この世界の治安に若干の不安を覚えました。(Φ◇Φ

一方その頃、ジェノスさんを制御できる
数少ないお方の中の一人である
れうさんはと言いますと。

美女過ぎる女子力がエネルギーとなって
お顔を直視できないほど溢れていました。(・◇・
『美しさは力』とでも言うのでしょうか。
変態さんを制御する為に
どれだけの力が必要なのか、
一目で分かる貴重なSSでした。
トラックバックURL
http://saltyegg.blog.fc2.com/tb.php/519-0c7ce325
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top