2013
11.26

連峰特集

前回の記事での反省も踏まえ、
今回は連峰をたっぷり歩いてきました。(・◇・´

古今東西、あらゆるゲームで序盤の心強い味方として
主人公達を助けてきた伝説の武器。
鉄パイプ先輩を発見し、
ご機嫌で振り回している僕です。


峰と言うだけあり、段差や坂道が多く、
足場が悪い所が多い地形です。(-◇-`
ブーツを履いていても足を滑らせてしまいそうです。
しかし僕には問題ではありません。(゚◇゚`
たとえ岩肌であったとしても、

足の爪をくい込ませてガッシリ掴み、
転落事故を防止しています。(`◇´
足を手の代わりに使える
鳥類ならではの特技です。
これで滑りやすい坂道でも
安心して駆け上る事が可能となるのです。

いざゆかん、吊り下げ式爆弾の通路へ!(゚◇゚*

(`・◇⊂)ppppppppppppppppp....

自爆とドリルは男の子の夢であり、ロマンなのです。
たとえ死ぬほど痛くとも、
そこに自爆と言う選択肢があるのならば
押さねばならないのです。(´◇`*

こうして遊びほうけている連峰です。(・◇・
noriも親戚種の大人の方と出会え、
心成しか嬉しそうに飛び跳ねています。
数秒後には動かなくなるとも知らずに・・・。。・゚・(ノ◇`)・゚・。

称号の為の翼破壊もしっかり済ませてあります。
noriの親戚種の方との短い再会でした。(;◇;


さて、ここで問題が発生してしまいました。
この次に向かうボスさんへの最短ルートには、
剣では壊せない壁が設置されています。(-◇-`
どうやら無限補給の爆弾を使い、
壁を破壊しなければ先へ進む事ができません。
僕は必死で爆弾を投げ続けました。

約20分後、爆弾を投げ続けて力尽きた僕は
某紳士さんに壁の壊し方を教えて頂きました。


・・・はい、壁破壊の為に
爆弾を投げ付ける対象は壁そのものではなく、
壁の反対側に吊るされている木材でした。。・゚・(ノ◇`)・゚・。
『爆弾でロープを切り、壁に当てて壊す。』
これが正解でした。
全く見えていませんでした。(;◇;

悩み続けた障害物を破壊し終えた僕には、
もう先へ進むだけの気力もなく。
諦めてお布団へ帰りました。
次回こそは最後まで攻略するのです!
お布団の中でリベンジャーシステムを誓った鶏でした。(´◇`
トラックバックURL
http://saltyegg.blog.fc2.com/tb.php/568-90809c9d
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top