2014
04.05

海へ空へ

前回の続き、
峰の登山中に足を滑らせて転落した僕です。

落ちた場所は峰のAエリアでした。(・◇・
ところが通常のAエリアと違い、
見えない壁が無くて
どこへでも歩いていけたのです。(゚◇゚;

海は砂浜でしか遊んだ事がなく、
初めての岩場にテンションが急上昇です。(>◇<
程よく塩水に浸かり、下味の付いた鶏です。
こんなに楽しい場所を、
どうして歩けない地域に設定したのでしょう。(-◇-`
磯の水溜りで遊び回っていた僕は、
すぐにその理由を知ることとなりました。


深い水溜りに落ちると、
溺れて持続ダメージを受け始めます。(;◇;
水中エリアと言う物が、設定だけ存在するようです。
一度溺れてしまうと、歩く事すらままなりません。
ジャンプで抜け出すしか助かる道が無いのです。
なんて危険な場所でしょう。。・゚・(ノ◇`)・゚・。


そんな危険な岩場を、必死で落ちないように
慎重に慎重に歩いて行くと・・・。

水平線が見える場所まで辿りつきました!(o◇o*
とても綺麗な場所です。
心が洗われるような景色です。(´◇`*
あまり長くは留まれなかったのですけれども、
貴重な体験ができたのは嬉しかったです。

ちなみにこの岩場に入った辺りから、
PTを組んでいた黒いAさん達は別の場所で
移動用ポータルに乗っていました。(゚◇゚
制限時間ギリギリまで個人行動をしていた僕は、
このあと滅茶苦茶羽根を毟られました。


鳥型を保てないほどに羽根を毟られた僕は、
アバターで誤魔化しながら港へ戻りました。
失った羽根を補う為に、
蘇生用の羽根を買おうとお店へ駆け込みました。
すると、
店先に見慣れないオネエ様の姿があったのです。

ペカさん、いつの間に看板娘さんを雇ったのでしょう。
魅惑的な踊りで出迎えて下さったオネエ様、
期間限定のサービスなのだそうです。(・◇・


オネエ様のサービスと
ペカさんから購入した羽根で、
無事に復活を果たした僕は、
翼の具合を試しに空へ向かいました。
飛行能力に支障が出てはいけません。(・◇・´
テストは大事です。
ジグリントさんのお力を借り、
一気に空高く舞い上がります。

ここからが本題です。
飛行が上手、それすなわち
空中での姿勢維持の上手さを表すのです。
ジグリントさんの足を離れ、
飛行モードに入ってからが本番です。
プロの鳥類の技を披露するのです!コケー!(`◇´


見事なフォームで突き刺さりました。
安定した姿勢維持ができなければ
不可能な大技です。
両隣の人間さんと比較しても、
角度、深さ的に完璧な着陸です。
これが鳥の本気です。(`◇´*
本日も翼は良好、
羽毛も上質、飛行は絶好調です。
ただしお肉は美味しくない(自称)ですので、
決して齧らないで下さいませ。
美味しくないと言ったら美味しくないです。
手羽先、ダメ。絶対。(゚◇゚


・・・マビノギ英雄伝とは関係ないのですが、
ダークレヘルムの顔部分の描き方が、
ポ○モンのラ○ィアスちゃんと似ている事に
今更気がつきました。(゚◇゚

トラックバックURL
http://saltyegg.blog.fc2.com/tb.php/698-0924ae34
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top