2014
04.16

鶏に厳しい世の中

リアルの用事で平日に連休(忙しい)ができ、
ブログ更新周期が更に乱れた僕です。
早く直したいです。

忙しくともゲームを遊ぶ時間は削りません。
睡眠時間を犠牲に黒いAさん達と出航した
Todayの三日月島で、
岩に挟まれ、身動きが取れなくなっていた
野生の亀さんを発見しました。(・◇・`

先を急ぐカイさん達を引きとめ、
救出作業を始めます。
昔話で聞いた事があります。
困っている亀さんを助けると、
良い事が起こるのだそうです。(゚◇゚`
亀さんを傷付けないように、
慎重に岩を移動させるのです。


亀さんは無事に救出され、
ジャングルの奥深くへ帰って行かれました。
容赦のない火力とスキルで敵を仕留めるカイさんも、
動物愛護の精神をお持ちであったようです。(´◇`*
意外な優しい一面を見せて下さったカイさん達、
人は見かけに寄らないのですね。(・◇・`
そんなカイさん達にお願いがあります。

鶏にも優しさをください。

チウリンさんに誘って下さったのは
大変ありがたいのですけれども、
けれどもっ!!
リシタの僕だけ危険な目に合っています。
すごく痛いです。(;◇;
すごく死にそうです。(;◇:
どこの戦闘に出ようとも、
近接は常に命の危機にさらされているのです。


やめてください、しんでしまいます。
なぜこうにも世の中は鶏に厳しいのでしょうか。
家畜に神は居ないとでも言うのでしょうか。

百式と化した大尉さんを歓迎する為に
強火で焼き上げられながら、
観賞用の美しい羽根を持たない鶏は、
赤と黄色の羽根を持つフィオナさんを横目に

´◇`)oO(味付けは塩コショウでありますように。)
と、願っていました。

鶏は食材の定めから逃げる事を
諦めかけています。(-◇-`
ですが、ペットのグレムリン達は見逃してください。
まだ幼い雛達なのです。。・゚・(ノ◇`)・゚・。
僕は多少焼かれたり、齧られても我慢ができます。
しかしどうか、
どうかグレムリン経ちだけはお助けください。


日記のリンクに使用したアイコンの元絵です。
実はpixivIDを取り、
一度だけ投稿した物でした。(・◇・;
わざとガサガサになるように荒く加工をしました。
けれども恥ずかしさに耐え切れず、
1日で下げた絵のリサイクルです。
トラックバックURL
http://saltyegg.blog.fc2.com/tb.php/709-6d7241d0
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top