2014
07.26

モフモフ事故を越えてお手伝いへ

装備変更忘れ事故によって、
ニワトリ→コカトリス→グリフォンと、
鳥類モンスターの上位種へ進化していった僕です。
なお、進化を繰り返すごとに
ステータスが下がっていきました。(´◇`;

ステータスは勿論のこと、
見た目もキメラ感が増し、
フレンドさん達に大変不評でした。
褐色肌の御姉さん系リンさんにも
そっぽを向かれております。


こんな時に、いつも連れているグレムリンが、
ご主人の危機を察知して
メイン装備を持ってきてくれる機能があったらなど。
今更夢を見ても、恥ずかしい過去は消せないのでした。

もっとも、我が家のbiscuit君は
飼い主に異常に厳しい鬼畜グレムリンなので、
夢の機能があってもバグ(仕様)により
届かない未来しか見えませんでした。('◇'
むしろ装備を隠されかねません。('◇'


モフモフお手手を倉庫の奥へ収納し、
定期給餌を済ませます。


給餌を済ませても、
ただいまフレンドさん達は
リンさんの育成に専念している様子でした。
フレンドリストが一面グレーです。
遊びに行ったところで、レベル差により
お邪魔すれば文字通りのお邪魔です。

皆様のリンさんが、ある程度育つまでの間、
定期給餌と心臓破壊以外も回り。
陰ながら育成のお手伝いをさせて頂きます。
具体的に案を上げるならば、
騎士団のお手伝いです。(・◇・´

今は騎士団の経験値が美味しいと聞いています。
育成の為に通うリンさんが殺到すると読んで、
僕も積極的にお手伝いに向かうのです。

村を見る限りでは、
まだ20-30くらいのリンさんが多いです。
白熊さんと蜘蛛さん達から順に行き、
回数が終わり次第、
ドラゴンさんにも合流する予定です。

早く70-80レイドで様々な必殺スキルを使用する
本気モードのリンさんと共闘してみたいです。(´◇`*
トラックバックURL
http://saltyegg.blog.fc2.com/tb.php/811-429ad274
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top